さわや書店 おすすめ本

  • no.255
    2018/7/10UP

    フェザン店・長江おすすめ!

    コンビニ人間 村田沙耶香/文藝春秋

    子供の頃、「みんな」にうまく馴染めなかった。昔はそのことで、結構苦労した。「みんな」の考えていることに賛同できなかったり、「みんな」が無意識に従っているルールが分からなくて困ったりすることは多かった。「みんな」の中にいる人は、自分が所属している「みんな」に違和感を覚えていないように見えた。そのことも怖かった。
    大人になって少しずつ、「みんな」が怖くなくなった。今では「みんな」から外れていられることを良いことだと思えるようになった。子供の頃から「みんな」に違和感を覚えて、どう「みんな」と付き合っていくのかを考え続けてきた結果だと思っている。
    でも、そういう人は多くないかもしれない。そしてそういう人が、大人になってから「みんな」に違和感を抱くようになったら、なかなか対処は難しいだろう。それこそ、死んでしまうという選択をする人だっているかもしれない。
    そういう人に、本書を読んでほしいと思う。
    主人公の古倉さんも、「みんな」に馴染めない人だ。彼女には、「はっきりしたルールさえあればちゃんとした人間でいられるのに」という思いがある。だからこそ彼女は、ルールが明確なコンビニで働く。コンビニで働いている時だけ、ちゃんと人間をやれている、と感じる。
    ある意味で、「コンビニ人間」の主人公は古倉さんじゃない。「みんな」だ。本書を読んで、「みんな」の怖さを知ることで、現実に対処しやすくなるかもしれない。