イベント情報

  • no.110

    -岩手をひとつにするのはスポーツだ-Standardプレゼンツ

    菊地と菊地の今年の高校野球を見ないと一生の損という話

    -今年の岩手の高校野球は、全国で最も注目を集める激熱エリア。大会直前開幕直前に、二人の「菊地」が見どころを紹介します。また「野球ライター」の知られざる仕事についてもどこまでも-

    ●開催日 令和元年6月30日(日)
    ●時間  14:00~
    ●会場  ORIORI produced by さわや書店 特設ブース
         盛岡市盛岡駅前通1-44(フェザン本館3F)
    ●入場  無料(先着順)

    ●出演
    菊地高弘(編集者兼ライター)
    1982年東京都生まれ。野球専門誌『野球太郎』編集部員を経て、フリーの編集兼ライターに。元高校球児で、「野球部研究家」を自称。著書『野球部あるある』、『下剋上球児』

    菊地健二(スポーツマガジンStandard副編集長)
    1966年岩手県生まれ。スポーツマガジンStandard副編集長。野球部の練習を見ることをライフワークとしており、岩手県高校野球部全校制覇まで残すところ3校と迫っている。

    ●その他 
    当日、ORIORIにて菊地高弘さんの書籍ならびに、Standardバックナンバー、グッズを販売します。