イベント情報

  • no.36

    本屋de落語 さわや書店ORIORI寄席

    立川談慶落語会&サイン会ゲスト畠山健二

    日時 平成29年8月23日 18時~
    場所 盛岡駅ビルフェザン3階 ORIORIイベントスペース
    さわや書店ORIORI店・フェザン店で、対象書籍をご購入の方に整理券を配布いたします。

    対象書籍 立川談慶師匠の著書
    ・『「めんどうくさい人」の接し方、かわし方』(PHP文庫)
    「無茶ぶりしてくる」「空気を読めない」「上から目線で話す」…。そんな「めんどうくさい人」との距離感に悩んでいたら、本書をお読みください。サラリーマン生活から立川談志門下での前座9年半を経て、今は真打として古典落語に打ち込む著者が、「めんどうくさい人やモノ」に対応し、かわし、逆に人生を好転させる知恵をアドバイス。目の前が開け、元気が出ること請け合いの一冊!

    ・『人生を味わう古典落語の名文句』(PHP文庫)
    落語の解釈は本来、聴き手にゆだねられるものだが、演者自身はどういう思いで語っているのか。あらすじとともに、演者目線の落語の見方や醍醐味を紹介。オチや名シーンで発せられる台詞を軸に、その噺の肝を独自に解釈し、わかりやすく説明する。芝浜、心眼、文七元結…よく知られる噺も「そんな見方があったのか」と新しい発見をして、さらに深く味わえる!文庫書き下ろし。

    スペシャルゲストとして、IBCラジオ文庫「本所おけら長屋」の原作者・畠山健二さんをお迎えいたします。
    落語会終了後、畠山健二さんのサイン会も開催いたします。
    対象書籍
    ・8月10日発売のシリーズ最新刊『本所おけら長屋 9』(PHP文芸文庫)
    ・『超入門!江戸を楽しむ古典落語』(PHP文庫)
    時代小説の人気シリーズ「本所おけら長屋」の著者・畠山健二が落語の世界を案内!「目黒のさんま」「芝浜」「時そば」「寿限無」など、これだけは知っておきたい有名な演目40作品を厳選。内容だけでなく、江戸庶民の暮らしや娯楽の様子を、より深く楽しむためのポイントも簡潔に紹介。きっと現代人にも、江戸っ子の世界観や知恵は参考になるでしょう!