イベント情報

  • no.70
    2018/2/13UP

    ORIORI店

    ホントーク~本屋で「ホン消費」させデイズ~at ORIORI produced byさわや書店

    『探してるものはそう遠くはないのかもしれない』(秀和システム刊)×『「コト消費」の嘘』(KADOKAWA)刊行記念
    『ホントーク ~本屋で「ホン消費」させデイズ~ at ORIORI produced byさわや書店』

    『探してるものはそう遠くはないのかもしれない』の著者の三省堂書店本店の名物書店員・新井見枝香さんをゲストに迎え、さわや書店の田口とともに『「コト消費」の嘘』の著者である「ストーリーブランディング」の第一人者・川上徹也さんMCにお迎えしてのトークショーを開催します。
    プレゼンではなく、利害関係もいっさいなし。
    ただひたすらに自分たちの好きな本について語り合う至極の時間。
    ただただ面白かった本についてを熱く熱く語ります!
    その熱量に、参加されたお客様も、思わず会場でお買い上げ(ホン消費)すること間違いありません。
    大きな話題を呼んだ「アメトーク」の「読書芸人」編。
    そのリアル書店版が、いよいよORIORIにて開催されます。
    盛岡の本好きのみんな~!
    ORIORIに集合~!
    もちろん、新井見枝香さんと川上徹也さんからは、それぞれのご著書についてもお話を伺います。

    【開催日】平成30年3月3日(土)
    【時 間】開演 13:00 ~ 終了 15:00(予定)
    【会 場】ORIORI produced byさわや書店
    〒020-0034 盛岡市盛岡駅前通1-44 フェザン本館3F
    TEL019-613-6464
    【参加費】観覧無料(ただし座席用の整理券・先着30名様分を、ORIORIにて配布します)

    ★新井見枝香さんプロフィール
    東京都出身、1980年生まれ。
    アルバイトで大手書店に入社し、営業本部MDを経て、現在は本店の文庫を担当する成り上がり書店員。文芸書担当が長く、作家を招いて自らが聞き手を務める「新井ナイト」など、開催したイベントは300回を上回る。独自に設立した文学賞「新井賞」は、同時に発表される芥川賞、直木賞より売れることもある。出版業界の専門紙「新文化」にコラムの連載を持ち、文庫解説や帯コメントなどの依頼も多い。テレビ、ラジオなどの出演も多数。

    ★川上徹也氏プロフィール
    コピーライター。湘南ストーリーブランディング研究所代表。大阪大学人間科学部卒業後、大手広告会社勤務を経て独立。東京コピーライターズクラブ新人賞、フジサンケイグループ広告大賞制作者賞、広告電通賞、ACC賞など受賞歴多数。特に「経営理念」「企業スローガン」など会社の旗印になる「川上コピー」を得意とする。「物語で売る」という手法を体系化し「ストーリーブランディング」と名づけた第一人者としても知られている。著書は『物を売るバカ』『1行バカ売れ』『「コト消費」の嘘』(いずれも角川新書)、『売れないものを売る方法?そんなものがほんとにあるなら教えてください!』(SB新書)など。海外にも多数翻訳されている